FC2ブログ

Entries

床の間

柱の根継ぎが必要になったため、床の間の材料は取り外して別の場所に保管してありました。接着剤などを使用せずに組んであっただけなので、造った時と逆な作業をしてやれば、簡単に取り外す事ができました。

新しく継いだ柱にふるい柱にあったものと同じ加工を施します。

DSCF0802.jpg

写真はケヤキの床框が収まる場所。昔あったとおりに収めます。

DSCF0861.jpg

このケヤキの板にも同じように荏油で拭いてやります。

昔の家づくりは再利用可能な家づくりであることを再認識します。強力なボンドで貼り固められた現在の使い捨ての家づくりは、昔と比較して技術的にも思想的にも退化しているような気がしてなりません。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/91-df19fe81
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード