fc2ブログ

Entries

陶芸小屋

同じ町内に住む陶芸家さんから急遽、電気釜を置く小屋を作って欲しいと依頼された。女流作家展が迫っていて、できるだけ早くお願いしたいとのことだった。その現場は7月からとりかかっている改築工事の現場から見える山の高台にある。同時並行が可能だろうと判断して引き受けた。できるだけ早く、安く。ブロック基礎、土台、柱、梁、桁はすべて3寸角、床も3寸角直仕上げ。アルミサッシは解体材として保管してあったものから、サイズの合いそうなものを使う。
墨付け、刻みから、屋根、床、サッシ取付、内壁、外壁まで3日。
翌日、作品を乾燥させる棚を作り、重さ120kgの電気釜を運び入れて、完成。

PA050119.jpg

PA050116.jpg

PA060130.jpg

2件のコメント

[C1166] 瀬戸内を見おろして

お話の女流陶芸家のお店を陶芸仲間の先輩に誘われ訪問したことがあります。
瀬戸内海を眺めながらの作陶は素敵でしょう。
  • 2021-10-09
  • 投稿者 : tatu_no_ko
  • URL
  • 編集

[C1167]

tatu_no_koさん
Kさんとも付き合いはありますが、今回の陶芸家さんは通津の方です。土を使われる方とは共通点がありそうです。
  • 2021-10-09
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/773-379be20e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード