Entries

材料代と手間代

その一
かんなくず(正確にはプレーナーくず....機械で削ったかんなくず)はタダ。本当はお金を出して買った木を削るのだから厳密にはタダではない。しかし結局捨てられる運命なのであればタダだと、とりあえず考えよう。これを一袋30円の袋に詰めてホッチキスで止めるおよそ20袋で1坪。1袋1分で作れば時給2000円として手間代は一袋33円。するとかんなくずの断熱材が原価は、(30+33)×20=1260円/坪。

1 50㎜厚の板状の石油化学製品の断熱材が1枚およそ2100円、一坪だと4200円。
2 100㎜厚のグラスウールが一坪約2000円。
3 かんなくず袋(厚さは50㎜から100㎜程度)の手製断熱材が一坪約1260円。

理論上の断熱性能は1と2はほぼ同じ。3は未知数。施工のしかたで断熱性能は落ちるので、かんなくず袋の断熱性能はかなりばらつきが大きいはず。効果も未知数。厳密な施工は不可能。入れる手間もなかなか大変。

P1130639.jpg

その二
壁及び天井板の場合。本実目透かし厚さ12ミリの杉板幅140ミリ程度で、例えば6000円/坪。加工済みなのでそのまま現場で釘で止めつけるだけ。
一番安い板材はラス板で約1500円/坪。幅90ミリで厚み12ミリ。プレーナーで片面削って、釘で止めて、継ぎ目にさらに目板を打つ。目板はラス板を半分に割いたもの。材料の加工賃含めて原価は3000円/坪程度か。材が小さく、枚数が増え、さらに目板も打つので貼る手間はおそらく2〜3倍。

P7040021.jpg

材料代が下がると手間代が増える。(材料代+手間代)が総額で減らないと工事費は減らない。この辺りは発想の転換が必要だろう。例えば材料にカンナをかけない、釘も脳天打ちなど。そんな住み手が増えないかいな。

2件のコメント

[C916]

料理でも同じように思います。
高くていいもの(あこうとか鱸)はシンプルなものはそのまま。安いもの(こいわし、ままかり)
は何かと手間がかかり時間を要します。

どちらがいいとかでなく、何を作りたいか何を食べさせたいかで考えることが多いです。
断熱材の検証楽しみです。
  • 2016-07-14
  • 投稿者 : shingo
  • URL
  • 編集

[C917]

shingoさん
杉はとても安価な材料。材料代と手間代の比重をどんどん前者にかけて行けば、膨大な量の杉を使った安価な建築ができる。バラックでもいい。そんなことをやってみたいと思います。
  • 2016-07-16
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/647-f01aec7d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

山口ブログ

プロフィール

きょうこ+木の家

Author:きょうこ+木の家
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード