Entries

地組2

数日おいて、もうひとつの地組。こちらも変形の登り梁構造で、棟木が登り梁の上に乗っかります。下に地棟も束も柱もありません。

無事終わり、これで二人とも少し安心して床につくことができるでしょう。

私は今回の墨付けと刻みには、完全ノータッチです。

P1120497.jpg

P1120500.jpg

P1120531.jpg

P1120529.jpg

P1120512.jpg

4件のコメント

[C888]

はじめまして。
谷村と申します。
1年前まで、滋賀で、大工をしてました。

もしよろしければ、見学させてもらえませんか?
  • 2016-03-14
  • 投稿者 : 谷村
  • URL
  • 編集

[C889]

谷村さん
どうぞ。メールなり電話なりいただければ、ご案内します。
  • 2016-03-14
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

[C890]

おおっ。これも「Short&Timber Building Book」に掲載されているのと似ている。ただし、込み栓の概念は日本の大工とは少し異なるかも。棟上げの日は、飲み会あり?
  • 2016-03-15
  • 投稿者 : 齊藤真二
  • URL
  • 編集

[C891]

齋藤さん
棟上げ、日が合えばよろしくお願いします。若い二人に酒でも注がねばならんでしょう。
  • 2016-03-16
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/629-009e0483
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

山口ブログ

プロフィール

きょうこ+木の家

Author:きょうこ+木の家
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード