Entries

地組1

梁間3m桁行21mの細長い平屋の建物。普通なら桁に3mの梁を投げかけて、真ん中に束を立てて、その上に棟木をのせるのだけれども、今回はドーム型の内部空間を作りたい、梁は見せたくない、ということで、どういう構造にして瓦屋根の荷重を支えるか。金物やボルトを使えば解決は早いのですが、今回は、木組みだけでどこまでできるのか挑戦です。5枚の檜の板を組んで登り梁のような、トラスのような構造の屋根を考えました。3尺(909㎜〕ピッチで合計26組。屋根の固定荷重が1㎡あたり90㎏、短期荷重を考えると1㎡当たり190㎏。その重さ見合いの材木を屋根荷重と見立てて、どのくらいの強度があるかの実験しました。前例がない組み方なので、確認作業は不可欠です。大工としての今までの経験と勘をたよりに考えたことが実際に正しいのか。短期荷重での棟の下がりは3㎜程度に納まり、ひと安心です。

P1120434.jpg

P1120445.jpg

P1120457.jpg

P1120467.jpg

2件のコメント

[C886]

北米のティンバーフレームハウスと良く似ています。瓦だとけっこう重量ありますけど、金属屋根だと軽い。なかなかいい空間が出来そうですね。
  • 2016-03-10
  • 投稿者 : 齊藤真二
  • URL
  • 編集

[C887]

齋藤さん
確かに似てますね。力学的なことを考えると、同じようなところに行きつくのでしょう。でも方杖はつきたくない。屋根を薄く見せる構造を考えるのに四苦八苦しました。
  • 2016-03-11
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/628-936f2154
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

山口ブログ

プロフィール

きょうこ+木の家

Author:きょうこ+木の家
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード