FC2ブログ

Entries

椅子をつくる

若い衆が友人からダイニングテーブルと椅子をつくってほしいと頼まれ、相談を受けた。
テーブルはともかく、椅子は大工にとってはなかなかの難問だ。日常使いの椅子は強度と軽さが両立して備わっていなくてはならない。一般的に家具に使われるのは密度の高い広葉樹だが、大工が建築仕事で使うのは杉や檜などの軽い針葉樹が主。あまり扱い慣れていない広葉樹を使って家具作家のまねをするのか、それとも大工は大工なりの道を探すのか。家具づくりに関する本を何冊も読みあさった結論は、我々にゼロから椅子をデザインする能力はないという事、そして大工なりの椅子を普段使う木で背伸びせずつくろうという事。
この際、この機会に便乗させてもらって3人で椅子づくりの勉強をする事にした。「いつか時間ができた時に」というのは、私事、ほとんど実現可能性がないことを経験済みだ。何事もまずはまねる事から。思想や素材が一番近いと感じたのが『KAKIのウッドワーキング』という本にあったダイニングチェア。細かい寸法図も載っていたので、手元にある杉、檜、松などのいろんな材種でつくってみる事にした。同じデザインであっても材種が違うと、見た目の印象、肌触りが異なり、それそれが別の椅子に見える。4脚つくって少しずつ座面の高さや背もたれの位置などを変えてみて3人で座り心地を確かめた。材の厚み、寸法、角度など、1センチいじくるだけで座り心地が明らかに変わってゆくのが面白い。マイナーチェンジを繰り返し、一週間がかりで椅子が一脚でき上がった。総合的に判断して、結局やはり材料は杉に戻った。杉ならば普段の仕事で余った端材でいつでもつくる事ができる。強度第一だとどうしても個々の材は太くなり、デザインも直線的になる。できるだけ野暮ったくならないように少しづつ切り詰めて、とりあえずこれが今の我々の完成型。試作品は若い衆がそれぞれ1脚づつ持ち帰り、我が家の事務所に3脚残っている。

P1070880.jpg

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/561-f12ac37b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード