FC2ブログ

Entries

雨と風と

軒の出を大きくとって、直接雨が外壁にあたらないようにすることをいまだ鉄則にして仕事をしている。外壁に土や木を使い、できるだけ自然の風と光を利用し、エアコンに頼らない家を作ろうと思えば、昔の家作りが一番のお手本となる。しかしこれは新建材の外壁で高気密高断熱を一番に考えた今時の家とは正反対の考え方だ。窓を小さくして熱損失を減らして、人工空調にすれば、窓を開ける事もなく、軒の出も小さくできてコストも下がる。24時間稼働する空調設備を前提にすれば窓を開けて外気を取り入れる必要はないのかもしれないが、そのような家が次世代省エネ住宅としてもてはやされるこのご時世はやはりどこかおかしい。風が気持ちよいこの季節に窓を閉めた車が多いのも同じ理由で違和感を感じる。

島の突端に位置するこの家には軒があまりない。周辺の古い民家もおしなべて軒の出が少ない。1ヶ月ほどかよって理由がわかった。雨が横から降るのだ。風に煽られて屋根が飛ばされる恐れすらある。風返しのためだろう、軒天はアールにして漆喰で仕上げてある。家の主がいなくなった家は劣化が早い。屋根から雨が漏り、一部は軒天の漆喰、土壁下地も無惨に朽ち果てていた。当初の姿に戻せれば良かったのだが、下地から新たにこしらえて下塗り、中塗り、仕上げとなると予算もかかる。施主さんと思案して、檜の板張りにする事にした。窓枠も外壁と面一に揃えて突出部を減らして極力雨をためないように。

DSCF2530.jpg

2件のコメント

[C588]

立地条件によって、理由があるんですね。もう少し、軒が深いほうがいいと感じましたけど。
板張りで正解だと思います。次回から、手直しは、施主さんが出来ますし。

[C589]

齋藤真二さん
まだ第1章が終わったばかり。
今後ともよろしくお願いします。
  • 2012-04-27
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/416-f09680e3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード