FC2ブログ

Entries

木製の観音開きの門がこわれたので新しくつくってほしいと依頼を受けた。片持ちのそれは構造上自重でたれやすく、長持ちさせることはなかなか難しい。手っ取り早いのはアルミ製の門だが、木の家には到底そぐわない。

一般住宅の門それ自体に侵入者を防ぐ役割があるかと言えば疑わしい。他に経路はいくらでもあるからだ。だとすれば、「ここから先は立ち入らないでください」という意思表示ができればそれでいい。そう説明をして、簡単な柵を作った。高さ80センチ、幅150センチの大きさ。重量の軽い杉でつくれば女性一人でも簡単に動かせる。金物を使わず木を組んで、赤身で作れば風雨にさらされても永く保つだろう。

DSC_1979.jpg


2件のコメント

[C477] なるほど

門扉といえば観音開き、硬い殻が壊れていく、そんな読後感でした。
いい景色のお屋敷の入口に小さいながら存在感が伺えます。
組み込みでの仕上がり、依頼主さんは喜ばれたでしょう。
  • 2010-11-16
  • 投稿者 : tatu_no_ko
  • URL
  • 編集

[C479] Re: タイトルなし

> tatu_no_ko さん
> 門扉はそれ自体あまり美しいものではありません。塀などがいっさいない住宅街は街全体が広く美しく見えるだろうに、と想像しますが。

  • 2010-11-19
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/339-e61c411a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード