FC2ブログ

Entries

失敗に学ぶ

 材料を並べて墨をつけたり加工したりする台を「ウマ」と呼ぶ。大きな梁や柱が十本以上並ぶ大きなものから、現場で小物を加工する際につかう長さ40センチ程度のものまで、その大きさはいろいろだ。大きな角材を加工する際に使うウマの高さは1尺2寸(36センチ)に統一している。4寸角(12センチ角)の柱をその上に並べると1尺6寸(48センチ)程度になり、その上に座ってノミと玄翁を使うに都合の良い高さになる。しかし、使う材料の大きさは一定ではなく、それより大きい場合はその上に乗っかってという状況もしばしば起こるが、これはしょうがない。

 記憶が定かではないが、おそらく10年前に作ったヒノキのウマ。3.5寸角(10.5センチ角)の角材にほぞを付けて作っている。野ざらしで風雨に打たれて脚のほぞ部分が腐っている。だましだまし使っていたがついに用を為さなくなってしまった。雨にさらした事が腐った原因である事は間違いないが、もう一つは、作る際あと少しの加工手間をかけなかった事。10.5センチの角材に6センチほどのほぞをつけた際に穴を下まで貫通させずに途中で止めたため穴に水を溜めてしまった。ひとたびたまった水は抜ける事なく穴にとどまる。ひと手間をはしょったことが原因だ。

DSCF0784.jpg

 常時濡れた状態の木は腐る。木は水に打たれても再び乾けば腐らない。誤解を承知で言えば、家は雨漏りを100%ゼロにする事はなかなか難しい。それを防ぐためにシートやテープなどで密閉して外部から身を守ろうとしてしまいがちだ。それでうまく防御できれば良いが、もしその層をくぐり抜けて水がいったん中に入ってしまうと今度は外に抜けない。外に抜けない湿気は木を腐らせる一因になる。 木で家をつくる場合、どうやって水から守るかは、長持ちさせるための重要な課題だ。しかしある程度濡れる事はしょうがない。濡れてもそれをいかに早く逃がしてやるかのほうが大事だ。逆説的だが、その事を再認識させてくれた失敗だった。

6件のコメント

[C440]

『濡れてもそれをいかに早く水を逃がしてやるかのほうが大事だ』でしょうね・
屋根でもそこそこ勾配があるほうが言いと思います。
今の家作りは不都合な部分を隠しすぎ。
悪いところが早く見つかれば早く直せますし、当然長持ちします。

背広着て家を売る時代ではね?
  • 2010-08-01
  • 投稿者 : ちょい悪
  • URL
  • 編集

[C441] 排除への備え

不要なものは社会にしろ体内にしろもちろん家の内にしろ、とにかく排除排せつしなければ、具体的例でよく理解できます。
  • 2010-08-02
  • 投稿者 : tatu_no_ko
  • URL
  • 編集

[C442] ちょい悪さん

隠さない、覆わない事は大事です。覆ってしまえばどこが悪いかわからない。覆い隠すという事は作ってしまえばそれでおしまい、修理の事は考えないという事と同じですね。
  • 2010-08-03
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

[C443] tatu_no_koさん

不要なものを溜め込む事は死につながります。これはあらゆることにあてはまります。
  • 2010-08-03
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

[C444] うま

私の馬も腐りました。手がけた家が腐るのは困りますが、馬なら「まあ、いいか」てなもんです。
新築が終わり、腑抜け状態です。ちょっと海通いが続きそうですが・・・

[C445] 八代の大工さん

お疲れさまでした。3ヶ月ほど夏期休暇ですかね。(笑)
  • 2010-08-05
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/324-11c65503
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード