FC2ブログ

Entries

接着剤(木工用ボンド)の功罪について

大工です。

現在の家づくりで接着剤は欠かすことのできないものになっています。釘だけでは強度に不安がある場合、意匠上、表面に釘を見せたくない(打ちたくない)場合など、実際、現場では重宝します。
ご多分に漏れず、私の道具箱にも常時入っています。

見習い時代から、強度が出るならと、あまり深く考えもせず使ってきましたが、最近はその罪について考えるようになりました。改修工事などはで悪くなった一部分だけを壊して新しく作り替えることをしますが、その際接着剤が使われていたために、壊すのに数倍の手間がかかったり、あるいはまだ使える部分までこわさずを得なくなることが多いからです。

要するに、接着剤は、修理をすることもしくはメインテナンスして使い続けることをを前提としていない材料だということです。家をつくるにあたって接着剤をためらいもなく使用するということは家を消耗品と見なし、使い捨てるものだとの認識につながります。家を一代限りの消耗品、古くなったら立て替えれはいいという考えに、私は組することはできません。

木の間に少しくらい隙間が空いても、ギシギシと床鳴りがしても、ある程度はしょうがない。生き物である木を扱う以上、そのくらいのことは自明のこととして受け止める必要がある。また、逆に、そのことを受け止めることができない限り木のよさもまた享受することができない。そう考えて、すこしずつ現場でボンドを使う機会を減らしています。

見栄えを一番に考えて修理できないような工事をするよりは、無骨にみえても、すぐに修理できるように正面から化粧釘を打つことのほうが大事なのではないか?自問自答しています。

DSCF3047.jpg









4件のコメント

[C233]

構造用合板を捨貼りして、接着剤をベターっと付け、床を貼る。将来的な床の貼り替えはこっちに置いといて、今「床鳴り」しなければそれでいい。そんな考えは、いつからこの業界に蔓延したのでしょうか?そもそも、下地の合板も仕上げのフローリングも接着剤あってのモノ。外壁のサイディングだってシーリングにより糊付けされてます。・・・と言ったら言い過ぎでしょうか?
ま、構造体だって糊付けされてますから、かまやしないのでしょうけど・・・。

お邪魔致しました。

[C234]

tamuraさん
結局は「いかに早く楽にお金を手に入れるか」が第一義となってしまったということでしょうか。家も10年の間に何も起こらなければそれでいい、その場だけ取り繕うようなやっつけ仕事。直す時、壊す時のことを考えないものづくりは、やはり間違っています。このことに抵抗がなくなったとき、職人は矜持を捨てたということでしょう。
  • 2009-06-29
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

[C238]

床は杉を使うので、接着剤は使いませんが、リフォームの時は施主さんの要望で使うときがありますね。
便利と利益を追求してきた結果、こうなってしまい、大工も自分たちの首を自分で絞める結果になってしまったのでは。

[C239]

結局は巡り巡って自分の元へ返ってくる。心せねばなりませんね。
  • 2009-07-01
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/224-12a87628
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード