FC2ブログ

Entries

カテゴリを整理しました。

多くの来場者で賑わった見学会。
古民家再生に対する関心の高さを感じました。
また、じっくりと時間をかけて見学されている方も多く、みなさん存分に木の感触・香りを楽しまれているようでした。

今回、チラシをご覧になって初めてブログを見てくださる方もいらっしゃるかと思い、カテゴリを整理しました。
「大島の家」のカテゴリを追加してあります。工事のくわしい様子を、解体から竣工まで、順を追って記事にしてあります。ご覧になってみてください。

これからも家づくりに関することを中心に、大工の連れ合いと大工が協同して、随時更新してゆきたいと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

DSCF1684.jpg



2件のコメント

[C98]

今回の見学会で、今の時代の流れと、人々の暮らしに、疑問を抱いた人がほとんどだと思います。
そのうえで、今後、久良さんに仕事を頼む人は、本当に「木の家」が好きな人だと思うのです。
現場で、ちょっと話した宇部の施主さんが正にそうで、作り手の心をわかっているというか。
自分のブログは、見過ごしてください。

[C99]

どのような家を、どのようにつくるかということは、その人(つくり手、すまい手)の生き方に関わる問題です。家を建てる技術や住まう技術よりも、その根本となる思想をつきつめてゆくことのほうがよほど大切であると思います。思想の裏付けのない、うわべだけの技術というものは一時で消えてゆくでしょう。
  • 2009-02-11
  • 投稿者 : 尼助丸
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kuroukoumuten.blog60.fc2.com/tb.php/153-2722f773
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード