FC2ブログ

Entries

大黒柱

天井や壁、床などを剝がしてみると、構造上の問題がいろいろと明らかになってくる。現在の木造と違って、昔の民家にはほとんど壁がない。地震力に対しては貫、足固め、差鴨居などで抵抗することになるが、柱の四方からそれらが刺さってくると柱の欠損が大きくなる。二階部分を撤去して軽くなったとはいえ、急遽補強する事に。本来の大黒柱部分の柱12センチ角に20センチ角の柱を被せて構造補強。信州伊那から来た杢人大工の助けも借りて。

P1080887.jpg

Appendix

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード