FC2ブログ

Entries

初代カヌー

20代、まだ会社勤めの頃につくったのはカナディアンカヌー、セルフビルドできるように材料が揃えられたキット品。同僚の手を借りてGWに作った。地元錦川での川下りそしてキャンプにとずいぶんと活躍してくれたけれども、もう手元にはない。会社の創立記念日、平日の休みという事で気の合う同僚のH君とZさんとで錦川を下り始めた。たまたま台風が昨日去ったばかりで普段よりも増水していたが、ここ錦川には荒い瀬はほとんどない。勝手知った川という事でビール、酒を買い込んでいつもの通り漕ぎ出した。いくつかの難所を乗り越えてあとは流れに身を任せるだけ。酒がすすむ。旅を満喫していた終盤、「もうすぐ沈下橋やなあ..」高さを目算して一本目は頭をかがめてすれすれクリヤー。そして二本目、橋の表面を水がなめて白くなっている。「H、岸に寄せよう」と言った瞬間、すでに十分酔いが回っていた我々は、事もあろうに橋の手前でバランスを崩して沈。体に感じる水の流れは意外と早い。「H、このままじゃぶつかるな。橋の上に飛び乗るか」と言ったが、なす術もなくそのまま沈下橋に激突。カヌーにつかまったまま橋の下に飲み込まれた。ずいぶんと長く感じたが、川面に頭が出て周囲を見回すとHの頭が見えた。川岸まで泳ぎついたけれどもカヌーはそのまま浮かび上がってこなかった。もう一艘ファルトボートのZさんは橋の手前で無事接岸していた。その一部始終をZさんが写真を撮ってくれていた。後日、もしやと思い錦帯橋に出向いたが橋脚に引っかかったカヌーの姿を見る事は出来ず、これが永遠の別れとなった。もう20年以上も昔の話。無茶してましたね。

DSCF2388.jpg

Appendix

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード