FC2ブログ

Entries

左官のまねごと

今でこそ瓦は桟瓦になり、屋根に土をのせることはなくなったけれども、昔は土葺きだった。瓦は焼く過程で1割程度寸法が縮むわけで、焼き上がった瓦1枚1枚が寸法・かたち共に微妙に異なるために、土でなじませることで葺きあげていったのだと理解している。現在その必要がなくなったということは、瓦の寸法をほぼ一定に仕上げる技術ができたということだ。古い屋根を解体修理するとそこからは大量の土が出る。よくぞ人力でこれだけの量の土をやねにあげたものだと感心する。古い瓦と一緒に処分場行きだが、土嚢袋20袋分くらいはとっておいて持って帰った。水を加えて家の外壁のモルタルの上から塗ってみた。すぱっと切ってコンコンと叩いて納めるのが普段の仕事。ぐちゅぐちゅ混ぜてペタペタ塗るような仕事は未経験の世界。泥遊び感覚で一日土と戯れた。

DSCF2102.jpg

Appendix

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード