FC2ブログ

Entries

仕事か否か。

 ひとたび大きな仕事が終わると、気の抜けたような日々が続く。たいていそれは幾日では終わらず、次の仕事が始まるまで、数週間から数ヶ月に及ぶこともある。収入がゼロになり少しは気も焦るが、なんとか日々の生活はすすんでゆくので、開き直って普段できない事をする。
 リハビリを兼ねて、数年前に解体現場から出てとっておいた材料を引っ張り出す。作り付けの下駄箱の天板として使われていたタモの板。厚さ10センチで長さ190センチ幅50センチ。製材所で2枚に割いてもらう。

DSCF0160.jpg

DSCF0163.jpg

 2枚を本を開くようにしてテーブルの板を作る。裏に反り止めを加工し、割れの進行をちぎり(蝶々)で止める。割れや節が思いのほかたくさん出て、無傷のテーブルにはとてもならないが、表情があってそれなりに面白い。

DSCF0480.jpg

 連れ合いから「それ、仕事?」と聞かれると返答に窮する。いつか引き取り手が現れれば、振り返って仕事だったとなるが、行く先が永遠に決まらなければ趣味の作業だったとなるのだろうか。日々の生活に曖昧なグレーゾーンはつきものだし、その事の善し悪しもしかりだ。時間にもお金にも縛られない仕事らしき作業には、自分を振り返る意味でそれ相応の意義があると思っている。

Appendix

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード