FC2ブログ

Entries

どうやって水を止めるか?

大工です。

檜風呂と格闘しはじめて、はや二週間。といっても初めてのことで、ほとんどが眺めてたり考えたりと、手つかずの時間。実労は数時間。それでも、考えているだけでは進まない。何とか方針を決めて作業開始。底板をはり、水を溜めて漏水試験をする。

DSCF2195.jpg

水を止めることは何と難しい。光が漏れるほどの隙間はないのだが、水を溜めると、水圧もかかってじゃんじゃん漏れる。浴槽は十年がたち、予想以上にくたびれている。千回以上濡れて乾いてを繰り返し、板を接いだところに隙間ができて、そこからの漏水。

DSCF2197.jpg

隙間を塞ぐのにまっ先に頭に浮かぶのはまずコーキング。高気密の現在の家づくりでは欠かせない材料。安価で手軽だが、一番安易な材料であることも確か。コーキングの耐用年数は数年と、ひと昔前耳にしたことを思い出した。 

埋木をするには隙間がなさ過ぎる。
また半日悩む。



隙間に詰め込んだのは杉の皮をもみほぐした繊維。杉皮はなかなか腐らない。水にも強い。繊維状にすれば小さな隙間にも入る。水に濡れると膨張して隙間を塞ぐ。
黙々と細かな作業。日も暮れて、水は止まった。

DSCF2203.jpg

実はこの方法、船大工さんから教わりました。易きにつかなくとも方法はあるものです。実際にやってみて、先人の知恵に、うなりました。


Appendix

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード