FC2ブログ

Entries

天井板

普段の仕事では、天井板ははらずに小屋裏をそのまま見せることが多いです。
構造がそのまま目に見えることは住む人の安心にもつながりますし、
メンテナンスする際も有利です。
結果、家を長持ちさせることにもつながります。

今回は、古梁は見せて、屋根面にあわせて斜めに杉板をはります。
梁の形に一枚一枚合わせながら、下から上へとはり上がってゆきます。
写真はちょうど棟(一番高いところ)の部分です。
垂木の間に鉋屑をつめた断熱材が見えます。

DSCF0500.jpg

古い梁は長年の汚れを拭き取ってやり、油を塗ってやります。
今回使ったのは荏油(えあぶら)に茶色の顔料を混ぜたもの。
ペンキとは違って木部にしみ込み、木目も浮き立たせます。
乾くと、生き返ったようにみずみずしくなります。

DSCF0519.jpg

新築の家とはまた異なる美しさがあります。
新しい天井板と古い梁がコントラストになっていますが、
年数が立つに連れて、お互い寄り添うように馴染んでくるでしょう。




Appendix

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード