FC2ブログ

Entries

檜風呂、後日談。

納品して5日目、盆休みの中、「水がどんどん漏る。3時間くらいしかもたない。」と連絡が入った。納品前、水を貯めて一晩おいたが明らかな水位減少は見られなかった。お客さんは車で10分の距離、帰省中の長男坊を連れ、すぐ軽トラで現地に向かう。

「使い初めたら、漏れもそのうち落ち着くだろうと思ってたんだけど、どんどん漏るようになっちゃって」
「ひとつ心当たりがあります。持ち帰って確認します」

排水金具の取り付け不備か?と思いながら、家の庭で水を入れると、すぐに側板と底板の間から水が漏れ出した。よく確認すると底板が錦帯橋のように波打っている。そのため、側板との間に1ミリほどの隙間ができたというのが真相だった。120ミリ幅厚み38ミリ7枚の板を貼り合わせて作った底板が7連の錦帯橋になっていた。檜の底板が、最初の5日間で最大限まで水を含んで膨張し、ボルトで止められた底板はその行き場なく波打ったということ。
木の収縮の力は凄まじく、80センチの幅の板だとその1%=8ミリは収縮すると思わなくてはならない。木の収縮率には異方性があり、柾目で使えば収縮はおよそ半分に抑えられる。濡れたり乾いたりを繰り返す浴槽、木にとっては最も過酷な場所。底板だけでも柾目材を使うべきだった。しかし檜無地の柾目材となると並材の5〜10倍の値段を覚悟しなくてはならない。「できる限り身近にある材料で」ということにこだわるのであれば、何とか解決策を見つけなくてはならない。そもそも柾目材を使っても収縮はゼロにはならない訳で。

以前、近所の船大工さんに、水漏れを止める方法を訊いた。
「杉皮で作った細い紐を隙間に埋める」

檜の角材をカンナで削って薄い削くずを作り、それをこよりにしてカッターナイフの刃の先で隙間に詰め込む。削くずは水を含んで膨張し隙間を埋める。
一晩水を貯めて確認。翌朝、水位はほとんど下がっておらず、再納品。
この失敗を糧としたいと思います。
行く末を見守ります。

新旧交代

檜風呂交換の依頼。
19歳でお役御免。
安く作ろうと並材を使う。しかし、水が漏る箇所はやはり節。
細工した箇所からはほとんど漏らない。
となるとやはり無節材で作ったほうが気は楽だった。
エポキシの接着剤とステンレスのコーチボルトで組む。
今回は文明の利器のお世話になりました。

漏水確認の後、試しにドボン。
井戸水は冷たく、水温は20度。

P1170224.jpg

たためない椅子

また椅子を作りたい衝動に駆られて、作った。

こちらは素人。
レプリカを作って楽しむのが一番だと思う。

吉村順三のたためる椅子。
図面はなく、ネット上にアップされている写真をもとに想像して図面を引く。

たたむ仕組みは想像するしかない。
材はケヤキ。
9㎜の鉄丸棒をヒンジに使って完成、座面は黒の帆布をはる。

たためるがゆえの難しさ。1週間後、木が鉄に負けて壊れてしまった。
以後、木材で補強し、たためない椅子として、我が家にある。
座り心地はあまり良くない。

P1160946.jpg

P1160950.jpg

ヒモイス自作

渡辺力1952年の作。戦後の材料難のなかで考えられたローコストチェア。図面が載った本を古本で購入してトレース、製作。最小限の材料、最小限の道具、最小限の技術、最小限の手間で作ることができるように考えられている、と実感。そのコンセプトが素晴らしい。

P1150302.jpg

丸テーブル

2年半使った楕円テーブルは気に入ってくれた人がいたので、あげた。食卓がないとやはり困る。今度は丸テーブルを作った。ナラの板を2枚はぎ合わせて一枚にし、丸に加工。脚は1辺4㎝の鉄のLアングルと9㎜の丸棒を溶接。直径110㎝、高さ67㎝。家族4人で、毎日がサミットのような雰囲気。

P4210051.jpg

P4210055.jpg

Appendix

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード