FC2ブログ

Entries

4年越しのセルフビルド

どのくらい前だったのか、調べてみるとちょうど4年前の秋。
空き家となっている自宅を直したい。屋根や構造など、自分ではできない部分を大工さんにお願いして、その他の造作工事は自分でやりたいと思っている。と相談があり、全面的に協力を約束。

ほぼ仕上がって、薪ストーブも自分でつけたとのことで、見せてもらいに伺いました。

4年前、工事前。
P1120387_20191121161008596.jpg

瓦が崩れて屋根が陥没。雨漏りあり。シロアリの被害あり。柱の沈下多数。
家のジャッキアップから柱の根継ぎ、構造補強を施して、その1年後に屋根工事。瓦をはがして屋根下地からやり直し。そして屋根と骨組みがきっちりなったところでOさんにバトンタッチ。

それから2年。外壁、サッシ、風呂、トイレ、キッチン、ロフト、居間、玄関が終了。和室とその奥の1部屋の工事が残っているもののほぼ住める状態になっていました。

P1170598.jpg

そして薪ストーブ。

P1170606.jpg

よくぞここまで、よくお一人で。

お祝いにウォールナットのテーブルを持って行きました。落ち着いたら竣工祝いをやりましょう!

P1170603.jpg

あとはセルフで。

 昨年の春からの工事がようやく終わりました。構造と屋根と2階外壁の改修だけの請負。これからあとは施主さんがセルフで。
 次は現場が大島の北側から南側に移る予定。またまた古家の改装です。今度もこの現場以上に、難工事です。「今のこの古家を何とかしたい。」このての依頼にめっぽう弱く、毎度の事ながら見積りに四苦八苦します。予算内に抑えるには工事の取捨選択が不可欠ですが、これが本当に難しい。大工工事の割合は、総工事費の4割程度なので大工の頑張りにも限界があります。最近やっとわかってきました。施主さんと腹を割って話をするしかありません。

P7010204.jpg

P7010201.jpg

家を揚げる

今までかつて2度曵き屋(家を揚げて移動させる)をやりましたが、その道のプロに頼みました。今回は曳くことはなく揚げるだけです。古屋の修理にはジャッキアップはつきものなので、その技術を身につけてハードルを低くしておきたい。そして工事費用も安く抑えたい。なので自分でやることにしました。手持ちの建築ジャッキ8個と車のスクラップ屋をめぐってかき集めた油圧ジャッキ12個そしてM16のボルト数十本、杉の梁10本。そして1m程度の角材100本程度。柱に梁を抱かせてボルトで締め上げ、それにジャッキをかけて揚げます。古家は柱ごとに石に乗っかっているだけなので、100年以上経って沈下したり柱が腐ったり、かなりひどい状態です。10センチ以上下がってる柱もありますが、家は倒れないものです。

P1120408.jpg

うららかな春の日に

大島久賀にある築110年の民家です。最初に相談を受けてから一年半が経ち、ようやく工事着工となりました。施主さんは日曜大工が趣味、工事もできる範囲で自分でやりたいという話に「やりましょう。手助けします」と即答しました。雨漏りはするし、柱も腐ってゆかはぶかぶか。事前に家財道具だけ片付けてもらっておいて、床の解体から工事を開始。まず、家をジャッキアップすることからはじめます。

P1120387.jpg

Appendix

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード