Entries

ホーランエー食堂

7月23日(土)午後、粭島ホーランエー食堂店主に無理を言って、大工仲間の暑気払いをさせてもらいました。酒を呑めばいつもイボ兄大工の標的になる店主も、この日の矛先は今年加わった若手大工に。こういう気の置けない避難場所があるのは本当にうれしい。

貴船祭りの伝馬船の練習中。
DSC_9960.jpg

後はコンビナート群。
DSC_9968.jpg

この後、店主も一緒に雑魚寝。

屋根替え

さてもうひとつの現場、大島。家揚げが終わった後、しばらく放置していました。梅雨に入る前に屋根替えをと思っていましたが、もう既に梅雨の真っただ中。天気予報とにらめっこしながら、出かけました。築110年が過ぎ、雨が漏っています。もはや屋根も限界です。古瓦を下ろして垂木、隅木を取っ替えて屋根を新たにします。T君にも応援を頼み、4人体制で一気呵成に行きます。雨に降られぬよう、時間との戦いです。改築ではいろいろとイレギュラーなことが起きます。100点満点は取れませんが、臨機応変に及第点の仕事を目指します。予定の大工仕事は終わり、瓦屋さんにバトンタッチ。過酷な1週間の最終日は15時に片付け終わって、温泉へ。久しぶりに足を伸ばして湯につかったあと、帰宅する車窓から眺める「景色がちがうなあ」と助手席の若い衆と同意。前車との車間も十分。気持ちはいつもこうありたいものですが。

P1130536.jpg

P1130539.jpg

P1130565.jpg

P1130588.jpg

ジブリ小冊子「熱風」2016年5月号

スタジオジブリ小冊子『熱風』5月号に、大工仲間の中村武司氏と私との対談掲載予定です。
【<サツキとメイの家の10年>記念企画】 
第7回 大工の棟梁 中村武司の木造建築造りの仲間たち-7 大工 久良大作

危険予知

寒冷前線が通過するというので、土曜日に足場のメッシュシートをはずした。風に煽られて足場倒壊の危険性があるからだ。これを危険予知と言う。今回の熊本地震の揺れの強さは1580ガル、川内原発の耐震性能基準値は620ガル、伊方原発の耐震性能基準値は570ガル。共に、今回の地震の半分以下。二つの原発は共に、今回の熊本地震と同じ中央構造線上にある。川内原発については直ちに運転停止、伊方原発については廃止するというのが「危険予知」ということになる。危険予知のできない者たちに運命を握られているこの現状。アホか。

大阪そして京都

岩国を離れ、久しぶりの関西。大阪と京都で旧友と会う。大阪駅から環状線でひと駅の天満で高校時代の友と待ち合わせ。昼の1時から串揚げ屋に入り酒を飲む。平日の昼間からこんなことができるのは自営業者の特権だろう。相手はフリーの漫画家あるいはイラストレーター。共に脱サラ組。天満界隈は再開発の波にももまれず、いまだに車が入らないような路地が多くあり、個人の小さな店が軒を連ねている。どこもそこそこのお客がいてなんだか嬉しい。日本酒の立ち飲みやも一杯300円くらいで全国の冷酒が飲める。おでんとめざしを肴に二人で8杯、2800円。大阪はとにかく食いもんが安くて旨い。はしご酒の最後はいつもの京橋にある立ち呑み「まつい」。厚み1センチの錫のコップに熱燗を入れてくれる。酒はただの松竹梅だが、なぜか旨い。タバコはカウンター下にポイ捨て。この混沌がすごく心地良い。数年ぶりに1本だけもらって吸った。 夕方分かれて京阪電車で京都に。7時から会社員時代の後輩二人と10数年ぶりに再会。会社員時代、採用担当だった時に勧誘したうちの二人。私が魅力を感じて勧誘し、会社に入った人間はその多くが早々に辞めた。その後私も辞めた。会社にとってみればいい迷惑だったろう。類は友をよぶ。
明日は父の一周忌だが、「葬儀も墓も不要。生人は死人に煩わされるべからず」という遺志どおり、何もしない。遺骨は母ひとりとなった古家の床の間の右端にそっと、ある。

P1120233.jpg

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

山口ブログ

プロフィール

きょうこ+木の家

Author:きょうこ+木の家
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード