Latest Entries

カンナ考

応援も終盤、刻みが終わり屋根材料を削り終え、「ふたりで柱を仕上げようか。あした仕上カンナ持ってきて。」その晩、家に帰って台の調整と研ぎをして床についた。 応援先は、私に一枚カンナの仕込みを教えてくれた師匠のところ。以前、「これを仕込んでみて」と師匠から、フリーマーケットで安く買った古いカンナの刃を5,6枚譲り受けていた。仕事の合間を見て4枚仕込んでいたもののうち、一番具合の良さそうなものを、翌日現場に持ってゆくことにした。

「のう、○○さん。削ろう会で普段使いもせんようなもったいぶったきれいな道具を桐の箱から出してきて、節のひとつもない檜の柾目の特上の材料を削って、削りくずがやれ何ミクロンじゃと競うことに何の意味があるんじゃろうか。」
 
師匠のカンナはここ何十年もの手あかにまみれて黒光りし、刃は研ぎ込まれて短くなり台から頭がほんの少しのぞいている程度、そんなものが何枚も無造作に他の手道具と一緒に道具箱に放り込まれている。カンナで1000分の数ミリ単位の薄さの削りくずをだすことはたしかに難しく、程度のよい刃物と正確な台の調整と確かな研ぎの技術がいる。しかしその技術が普段の現場で使われていないとすると、その技術はもはや死に体だ。普段はプレカットにボードはりとサイディングといった仕事に追われ、年に一度の削ろうかいで溜飲をさげているのだとすればこれほど悲しいことはない。師匠にとってカンナ削りの技術はどこまでも生業の一部なのであって、それが一部の特権階級の遊びのような扱いをされていることに我慢ならなかったのだろう。 1週間ふたりきりで仕事をすれば、休憩時間にふとしたきっかけでこういう生きたことばがこぼれ出てくることがある。 

桑の大黒柱と檜の節あり大柱を削らせてもらった。

P9090013.jpg

師匠からもらった刃を仕込んだカンナ。刃口に真鍮を埋め込んだ一枚カンナ。これで逆目を止める。

P9080028.jpg

応援と応援

あっという間に盆が過ぎ、9月に入る。「棟上げが近いので」と知人の大工から応援を頼まれ、既に一週間。朝夕は自分の現場で打ち合せと少しの仕事をし、10時から15時までの応援に行っている。当方の現場も年内竣工に向けて日程的に余裕はないので、ひとり応援を頼み、現場は3.5人体制。 

P8250224.jpg

P8290233.jpg

ホーランエー食堂

7月23日(土)午後、粭島ホーランエー食堂店主に無理を言って、大工仲間の暑気払いをさせてもらいました。酒を呑めばいつもイボ兄大工の標的になる店主も、この日の矛先は今年加わった若手大工に。こういう気の置けない避難場所があるのは本当にうれしい。

貴船祭りの伝馬船の練習中。
DSC_9960.jpg

後はコンビナート群。
DSC_9968.jpg

この後、店主も一緒に雑魚寝。

残る仕事と残らない仕事

「大工さんは自分の仕事が残るからいいね」としばしば言われる。対して、残らない仕事は音楽や料理といったところか。逆に「ぼくらの仕事はあとに残らないからいいんだよ」と酒の席でバイオリニストさんが話してくれて妙に納得したことがある。建築は形として残り、しかも万人の目にさらされることを拒否できない。私事、過去の仕事と対峙して、満足感よりも恥ずかしさが勝ることの方が多いように思う。100%満足のゆく仕事はないし、日々考え方や指向も移ってゆくので、「10年前のお前はこうだった」と有無を言わさず突きつけられるのはそれなりにしんどい。それでも歳を重ねて、やっと我が身のつたなさの変遷をそれなりに客観的に見れるようになってきたように思う。
 およそ20年前見習いの頃作った実家のキッチン。木でキッチンを作る大工仲間の仕事に憧れて作ったもの。杉の無塗装なので結構汚れはひどいが、見た目のくたびれ感以外は特に問題はない。滑りの悪くなったキャスターを新しいものに交換して、引き手を大きいものに取り替えた。父がいなくなって母一人になると、いろいろなことが気にかかるようになり、少しずつ手を入れている。もう父に遠慮する必要はなくなった。

P7090053.jpg

P7090054.jpg

材料代と手間代

その一
かんなくず(正確にはプレーナーくず....機械で削ったかんなくず)はタダ。本当はお金を出して買った木を削るのだから厳密にはタダではない。しかし結局捨てられる運命なのであればタダだと、とりあえず考えよう。これを一袋30円の袋に詰めてホッチキスで止めるおよそ20袋で1坪。1袋1分で作れば時給2000円として手間代は一袋33円。するとかんなくずの断熱材が原価は、(30+33)×20=1260円/坪。

1 50㎜厚の板状の石油化学製品の断熱材が1枚およそ2100円、一坪だと4200円。
2 100㎜厚のグラスウールが一坪約2000円。
3 かんなくず袋(厚さは50㎜から100㎜程度)の手製断熱材が一坪約1260円。

理論上の断熱性能は1と2はほぼ同じ。3は未知数。施工のしかたで断熱性能は落ちるので、かんなくず袋の断熱性能はかなりばらつきが大きいはず。効果も未知数。厳密な施工は不可能。入れる手間もなかなか大変。

P1130639.jpg

その二
壁及び天井板の場合。本実目透かし厚さ12ミリの杉板幅140ミリ程度で、例えば6000円/坪。加工済みなのでそのまま現場で釘で止めつけるだけ。
一番安い板材はラス板で約1500円/坪。幅90ミリで厚み12ミリ。プレーナーで片面削って、釘で止めて、継ぎ目にさらに目板を打つ。目板はラス板を半分に割いたもの。材料の加工賃含めて原価は3000円/坪程度か。材が小さく、枚数が増え、さらに目板も打つので貼る手間はおそらく2〜3倍。

P7040021.jpg

材料代が下がると手間代が増える。(材料代+手間代)が総額で減らないと工事費は減らない。この辺りは発想の転換が必要だろう。例えば材料にカンナをかけない、釘も脳天打ちなど。そんな住み手が増えないかいな。

Appendix

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

山口ブログ

プロフィール

Author:きょうこ+木の家
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード