FC2ブログ

Latest Entries

四方差し

これも同じ集落内からの依頼。「襖が開かなくなった」。田の字の間取りの真ん中の柱、足元が腐って沈下。床も一緒に下がれば建具は動く。床が下がらないように補強工事がしてあったので、柱の沈下と同時に鴨居だけが下がり、襖が開かなくなったという次第。「もうあと何年生きるかわからんけえ」「この歳じゃ、もうローンも組めん」
床下の足固めの場所で柱はへの字に折れ曲がっている。鴨居付近まで蟻害を確認、断面積の半分はスカスカの状態。差鴨居下で柱の切断を決断。

古屋は例外なしに足固めから傷んで、結果、柱を傷めている。地盤面に近い位置での差物(足固め)はリスクが大きい。
石場建て、足固めを前提とした伝統構法にこだわる理由が、私にはわからない。

P4070007.jpg

P4080031.jpg

労々交換

数年前に作ってもらった革製の雪駄を愛用している。先だって、鼻緒が切れたので直してもらった。外で材を加工し、中で取り付けるという作業を繰り返す場合、靴は不便なので雪駄は欠かせない。鼻緒のない草履は踏ん張りが利かないので、私の場合はNG。市販の雪駄も数多くあるけれど、これまで満足の行くものには当たったことがない。そもそも普段使いを前提としていないのだろう。数日経つと鼻緒が伸び、そして数ヶ月で千切れる。修理できるように作られていないのでそのままゴミ箱行きとなる。結局、長い間ビーチサンダルをずっと履いていた。少し高いものを選べば、1年間は履けた。ただ、仕事をする格好に見られない難点があった。

皮職人さんとは数年前に知り合い、それから彼らは広島市内にほど近い場所の古民家を買った。以来、そのセルフ改修工事のお手伝いをしている。その代わりに作ってもらったのが皮の雪駄だった。きちんと足型を取ってもらい、修理しながらずっと使い続けることを前提に作ってもらった。金銭には換算しないこうした関係はなんとも言えない安心感をもたらしてくれる。「金の切れ目が縁の切れ目」ではない関係性をどれくらい持っているのだろう。

P4230082.jpg


板塀

若い頃は、人(他人)がやっていることなら自分だってできると思っていた。なんでも自分でやりたいと思っていた。しかし、いろいろなことをかじればかじるほど、それを生業にする人には到底かなうべくもない、と思うようになった。そこにかけた時間と労力が経験値として蓄積されてゆくのはどこの世界でも同じ。いろいろな分野の人たちにずっと存在し続けてもらいたいと思う。いざという時に頼れる仲間は、金銭以上の財産。なんでも自分でという姿勢は、その財産を失う可能性を持つことに気づく。

知らぬ間に年月が経つ。あっという間の20年。その間ほぼ変わらぬ形で仕事をしているけれども、自分を取り巻く状況は着実に悪化している。単純に、お世話になっている職方さんたちが高齢になったことに起因している。今のところ皆さん元気で日々の業務に支障はない。しかし、5年後、10年後となるとどうか。

崩れていた土塀を解体し、基礎を打ち、新たに板塀を作る。全長約20m。焼杉のような色合いにしたいという。今回は黒色塗装で施主さん施工。

IMG_0276.jpg

介護

160km離れてひとりで住む母より「骨折した」との電話を受ける。左手首。着替え、料理ができないとのこと。市の地域包括支援センターに相談し、急遽訪問していただく。遅れて駆けつけて、現状把握。ホームヘルパーと配食サービスの依頼。並行して住宅改修。実家の倉庫に眠っていた杉と檜の板を使って、玄関上がり框の延長と階段、手すりの設置。そしてとんぼ返り。
同じ集落に住む、自力歩行が困難になってきた一人暮らしのおばあさんの家に、寝室横にトイレを作ったり、ミニキッチンを作ったり、手すりをつけたりの工事をしていたのがつい1週間前のこと。これは順番、いずれ我が身にも同様のことが起こると分かってはいても、いざ自分の番が来るとなかなかしんどい。改めて同様の立場に置かれた人たちのことを想像した。

P2150049.jpg

石柱

旧家の塀。土壁+瓦屋根の塀が屋敷をぐるりと囲んでいる。門に取り付く正面の塀が崩れ落ち、改修を請け負うことになった。人力で丁寧に解体してゆくと、一辺数十メートルの塀を裏側で支える石柱があらわになった。奥の4本が古く、手前の2本はそれよりも新しい。痛みがひどかったのは手前側。石柱と塀をつなぐボルトが錆で膨張し、石柱を折っていた。奥の4本は継手でつないでいたため損傷なし。施工上便利と思われる材料、工法が時間の試練に耐えられないものをつくる事例には事欠かない。

P2020076.jpg

Appendix

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード