Latest Entries

どこまで修理するか

2000年に独立した際に中古で買った2tトラックが、18年目を迎えた。当初の走行距離6万キロ、現在36万キロ。その間いろいろと小さな故障はあったけれどもその度に直して乗ってきた。幸いエンジンは好調で、燃費は10㎞/ℓを維持。パワーもある。車体には傷やへこみ、錆が目立ちはじめていたので、2週間ほど車屋に預けて、化粧直しをしてもらった。全板金塗装してもらって、先日、真っ白になって戻ってきた。後10年、いや、後20年、できる限り乗り続けたい。

プリンタの調子が悪く、買い替えるかどうかさんざん迷ったが、結局3度目の修理に出した。
パソコンも今年2度修理に出した。

「新しく買い替えた方が安くつく。」それでも修理して使うのか。
それでも修理して使い続けたい。そう思えるものしか持たないようにすれば、
どれだけ日常が豊かになるだろう。

かわって、島の現場の話。「それでもなおしたい」という希望に応えるべく、全力を尽くしたいと思う。
北側部分の梁、差鴨居、シロアリにやられていて、おまけにその下に柱がない。
やぐらを組んで、最大10センチジャッキアップ。サポートをかっておいて梁を抜く。
やられていた2階の隅柱を撤去して、新たに地面から通し柱を入れる。
めざすところの完成図面は描き、だいたいの方針はたてている。
しかし、シロアリは木の中身だけ上手に食べて外皮1枚残す。思いのほかやられていて、毎日、方針変更。
ブリコラージュの極地のような現場。正解はない。材料は材木と道具と経験のみ。
その場に当たらないと、対策はみつからない。布団の中でいろいろと思いをめぐらすのは、やめにした。

P1140322.jpg

P1140323.jpg

P1140326.jpg

近況報告

盆までの暑さに今年はへたりました。年々歳をとります。家に帰ったら、冷たいビールを飲んで、後、なにもやる気が起こらない日が続きました。でも、色々と新しいことに手を出しました。まとめて報告。

Sハウスの改築は追加工事が増えて4ヶ月かかりました。2階の全面改装、断熱材入れ、風呂、洗面所の解体、新設。台所の家具工事。初めてのハーフユニットバス。天井と壁を檜で。
P6080068.jpg
作り付けの食器棚、収納。
P6300186.jpg
斜めの変形洗面所。
P6300194.jpg
版築に木の屋根をかける。風化を楽しもうという建築。
P7060019.jpg
格安の檜材で檜風呂を作る。ウッドデッキにおいてある。朝水を入れておけば夕方にはぬるま湯に。
P7270046.jpg
お客さんに請われて石窯3号を作りました。「かっこよくない石窯を」との要望でしたので、「それなら任せてください」
P7280054.jpg
今回は焼き台に8㎝厚の大谷石を特注。とっておきの100年前の瓦をふんだんに使ってアーチを作る。つなぎは土と砂と石灰。
P7280060.jpg
ホールソーで直径110㎜の穴を開けてステンレスの煙突を突っ込んで、とりあえず完成。ダンパーと蓋と、屋根は二期工事にさせてもらう。
P8040072.jpg
8月に入って新たな古家改修の仕事が始まりました。お金をかけてでも直したいとのお話。ありがたいことです。まずは例のごとく家財の処分から。盆をはさんで2週間かかりました。
P8080104.jpg

あとはセルフで。

 昨年の春からの工事がようやく終わりました。構造と屋根と2階外壁の改修だけの請負。これからあとは施主さんがセルフで。
 次は現場が大島の北側から南側に移る予定。またまた古家の改装です。今度もこの現場以上に、難工事です。「今のこの古家を何とかしたい。」このての依頼にめっぽう弱く、毎度の事ながら見積りに四苦八苦します。予算内に抑えるには工事の取捨選択が不可欠ですが、これが本当に難しい。大工工事の割合は、総工事費の4割程度なので大工の頑張りにも限界があります。最近やっとわかってきました。施主さんと腹を割って話をするしかありません。

P7010204.jpg

P7010201.jpg

田植え

辺りの他はだいたい5月下旬に田植えを済ます。うちの田植えはいつも6月下旬と、約ひと月遅い。今年は6月20,21,22の三日間。4年前に中古の田植え機を手に入れ、機械植えにしていたが、今年から手植えに戻した。芽出しをする際、当初、蒔く籾の量は一箱辺り50g程度だったが、機械植えにしてから150gに増やした。そうしないと空振りの回数が増え、あとあと補植する手間が莫大になり、なんのための機械植えかわからなくなってしまうからだった。しかし、このことで、「無農薬でやるのなら丈夫な苗を育ることが大事」という大事な部分を捨ててしまった。相変わらず収量は増えず、米作りがだんだんと苦痛になってきていた。そして、カミさんと話し合い、初心に帰ることにした。中古でポット苗箱を新たに購入、苗箱1箱に直径1.5㎝の穴が446個あいている。そこに2,3粒ずつ芽出しした籾を入れて土をかぶせる。これを30箱分、気が遠くなる作業を地道に続ける。苗の生育自体は今までとさほど変わらないように感じたけれど、田植えをしてみてわかったことは、ポット苗は田植えの際にちぎって根を切ることがない、ということ。田植え後すぐ定着し、成長が早い。今年は株間も広げ縦横共に30㎝の碁盤の目。縦横に手押しの除草機が入るようにした。これで田に入るハードルが一つ減ったと思うが、あとはやる気次第。

P6300199.jpg

版築2

ミキサーに真砂土を角スコ6、石灰2、塩化マグネシウム0.5入れて混ぜる。これが一回分。突いて突いておよそ3センチの高さ。70㎝の高さまで計算上24回繰り返す。一日4回ほど突き固めて、他の現場に。

P6130042.jpg

P6130043.jpg

P6130036.jpg

P6130041.jpg

P6130040.jpg

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

山口ブログ

プロフィール

きょうこ+木の家

Author:きょうこ+木の家
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード