Latest Entries

あとはセルフで。

 昨年の春からの工事がようやく終わりました。構造と屋根と2階外壁の改修だけの請負。これからあとは施主さんがセルフで。
 次は現場が大島の北側から南側に移る予定。またまた古家の改装です。今度もこの現場以上に、難工事です。「今のこの古家を何とかしたい。」このての依頼にめっぽう弱く、毎度の事ながら見積りに四苦八苦します。予算内に抑えるには工事の取捨選択が不可欠ですが、これが本当に難しい。大工工事の割合は、総工事費の4割程度なので大工の頑張りにも限界があります。最近やっとわかってきました。施主さんと腹を割って話をするしかありません。

P7010204.jpg

P7010201.jpg

田植え

辺りの他はだいたい5月下旬に田植えを済ます。うちの田植えはいつも6月下旬と、約ひと月遅い。今年は6月20,21,22の三日間。4年前に中古の田植え機を手に入れ、機械植えにしていたが、今年から手植えに戻した。芽出しをする際、当初、蒔く籾の量は一箱辺り50g程度だったが、機械植えにしてから150gに増やした。そうしないと空振りの回数が増え、あとあと補植する手間が莫大になり、なんのための機械植えかわからなくなってしまうからだった。しかし、このことで、「無農薬でやるのなら丈夫な苗を育ることが大事」という大事な部分を捨ててしまった。相変わらず収量は増えず、米作りがだんだんと苦痛になってきていた。そして、カミさんと話し合い、初心に帰ることにした。中古でポット苗箱を新たに購入、苗箱1箱に直径1.5㎝の穴が446個あいている。そこに2,3粒ずつ芽出しした籾を入れて土をかぶせる。これを30箱分、気が遠くなる作業を地道に続ける。苗の生育自体は今までとさほど変わらないように感じたけれど、田植えをしてみてわかったことは、ポット苗は田植えの際にちぎって根を切ることがない、ということ。田植え後すぐ定着し、成長が早い。今年は株間も広げ縦横共に30㎝の碁盤の目。縦横に手押しの除草機が入るようにした。これで田に入るハードルが一つ減ったと思うが、あとはやる気次第。

P6300199.jpg

版築2

ミキサーに真砂土を角スコ6、石灰2、塩化マグネシウム0.5入れて混ぜる。これが一回分。突いて突いておよそ3センチの高さ。70㎝の高さまで計算上24回繰り返す。一日4回ほど突き固めて、他の現場に。

P6130042.jpg

P6130043.jpg

P6130036.jpg

P6130041.jpg

P6130040.jpg

版築

「版築」ということばを初めてきいたのはいつだったか。簡単に言えば土や石を突き固めて作った構造物のこと。昔、一人の施主さんが「版築をやってみたい」と言っていたのを思い出した。4月に竣工した「幸明館」。4m程下の畑の一角に井戸を掘り、ポンプを据えている。水質もよく水量も豊富なので、住居のメインの給水にし、水道はサブの位置づけ。ポンプは通り沿いで雨ざらし状態、「できれば囲いを作って保護してほしい」と、前々から言われていた。井戸ポンプのある場所はちょうど幸明館への登り口。案内板を兼ねた小さな囲いを、「版築で作りませんか」と相談したところ快諾。今までやったことはない。不安はよぎるが、初めてのことは楽しいし、ワクワクする。材料として、まさ土1㎥、石灰11袋(275㎏)、にがり(塩化マグネシウム3袋75㎏)を用意。材料をミキサーでまぜ、型枠の中に少しずつ入れてひたすら突き固める。突き固める道具は大ハンマーと自作のものとただの棒。左から版築1号、2号、3号、4号。 耐久性を増すためにセメントを混ぜる例もあるようだが、土に還らないので今回は却下。多少の風化は良しとしよう。 でも、本当に大丈夫なのだろうか? 不安だ。

P6080071.jpg

P6080076.jpg

解体と製材

 築30年(?)Sハウスの改築。「足が伸ばせる風呂にしたい」と、既存のユニットバスを解体する。壁の化粧鉄板の裏には石膏ボードが接着剤で貼付けてある。処分にあたっては分別せねばならないので、ヘラを使って地道に剝がしてゆく。思うように剥がれず、3枚目くらいからイライラしてくる。1時間半ほどかけて10枚はがし終える。石膏ボードの処分費は45円/㎏。風呂と洗面所周りで解体した石膏ボードが約300㎏。なので処分費は45*300=13,500円。 ここで少し単純な計算を。12㎜厚の石膏ボードは買うとき約400円/枚。1枚あたりの重さは約13㎏/枚なので、捨てる時は45*13=585円かかる。買うよりも捨てる方が1.5倍高い。ふざけた素材だ。石膏ボードを使わない住宅は今ゼロに近い。石膏ボードを壊す時のストレスは半端ない。作る人間は壊すこともやって初めて健全となる。

 けんぽなしの木を伐ったので、と購入の誘いがありました。直径70センチ、長さ5.3m。製材賃込みで15万円程。高いか安いか。一期一会、珍しい木なので譲ってもらいました。

P5170022.jpg

P5150014.jpg

Appendix

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

山口ブログ

プロフィール

きょうこ+木の家

Author:きょうこ+木の家
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード