Latest Entries

現場片付けで思うこと

左官工事が終わった。今回の新築で使った土は、いずれも2t車で、荒壁土5台、中塗り土5台、砂3台分。自分の2tトラックの荷台にブルーシートを敷いて、スコップで積み上げ、荷台満載の土を、次の現場の大島まで運ぶ。ここ10年で家づくりの環境がガラリと変った。市場にはほとんど人工乾燥された木材しか出回らず、数少ない町の製材屋も高齢化。土壁の材料を供給する泥コン屋はひとつ消え、またひとつ消え。風前の灯。替え刃の鋸が主流になり、近場の鋸の目立て屋も体調思わしくなく休業状態。手刻みに欠かせない込み栓角のみ等の電動工具も廃盤。プレカット率は間違いなく9割以上。10年後、いや5年後に自分がどういう状況あるのか見通せないが、自分のスタイルををくずして仕事を続けるつもりは、今のところない。 伝統だから残さなくてはいけないなどとは思わない。受け手の積極的意識のない継承は、単に自分の時代が過ぎ去り消えてゆく事に対するノスタルジアに過ぎない。伝統の担い手自身が伝統の継承を訴える事に、保身的な自己満足的な違和感を感じ、気持ちが悪い。

P3010023.jpg

天井塗り

久々に、新築の現場です。1階部分は壁も天井も中塗り土仕上。上向き作業をものともせずに塗ってゆきます。家の内部全体が土壁の水分で湿っていて、鍾乳洞にでも入ったような雰囲気です。気温が低く乾きが悪い。完全に乾くまではひと月はかかるでしょうか。乾くまで、少しでもこすれると傷になるので、気をつかいます。天井にあいた穴は特製ダウンライト。裸電球を埋め込むだけですが。

P2020041.jpg

職業講話

昨日、地元の中学一年生を対象に話をしてきました。ひと月程前打診があり快諾しました。この世の中にはいろんな人がいていろんな価値観を持ち、それぞれが独立した生活を送っている。学校は単一社会、ともすれば型にはまったものを押し付けてしまう。そこにうまく適応できない子供は逃げ場がないと勘違いしてしまう。そして悲劇が起こる。世の中はもっと多様で複雑で割り切れないで答えのでないもの。「こんな生き方もあるんだ。それだったら私は私で何とか生きてゆけるかな」と思える一助になればうれしい。

P1260058.jpg

鉄の引き手

鉄工所の知り合いに頼んでつくってもらった鉄の引き手。汎用の材料を切って溶接してもらい、雌ネジを切ってもらう。でき上がったものを家の薪ストーブに投げ込んで焼いて黒皮をつける。全て初めての事で試行錯誤です。市販の引き手は数多くあるが、なかなか気に入るものは少ない。大量生産するとなると曲げ加工が主になって、溶接なんてできないからこんな形のものがないのだ、と小さな発見です。木と土の家に無骨な黒い鉄。丸、角、平の三種類です。

P1270040.jpg

解体終了

下屋4辺のうち、残す1辺。併設する離れと屋根続きになっているが、ここが一番ひどい。ずれた瓦をセメントで固めてあるが、その瓦の隙間の所々から草が生えている。
瓦を下ろして屋根をばらす。土壁を落として雨漏りで腐った桁と柱を全て解体し、離れと構造を切り離し離れ側には仮の柱を建てる。ばらしと片付けが終われば、気分的には7割仕事が終わった感じになる。どう直すかが頭にないとどう壊すのかもわからないのだが、開けてみないとわからない事も多い。作業前に思い描いていた青写真にかかっていた雲が晴れて、視界が一気に開ける瞬間。文字通り下から空が見える。手順が決まってしまえば、ここからは早い。無事四周屋根がつながり、雨漏りの心配はなくなった。瓦屋さんを待つ。

P1110486.jpg

P1110024.jpg

P1110029.jpg

P1170015.jpg

P1170016.jpg

Appendix

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

山口ブログ

プロフィール

Author:きょうこ+木の家
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード